ファッション

バレエ用品「チャコット渋谷本店」が22年2月末で閉店 代官山の新旗艦店に移転

 バレエ用品のチャコット(東京、馬場昭典社長)は、旗艦店であるチャコット渋谷本店を2022年2月に閉め、新しい旗艦店を代官山に同年3月に開く予定だ。渋谷の公園通りにある渋谷本店は1978年にオープン。アールヌーボーの個性的なファサードと、トゥシューズをはじめとしたバレエ用品やダンス用品の豊富な品そろえで、ダンサーだけでなく多くの人の目に止まる店舗だった。渋谷本店に併設し、バレエ教室などを開いていた直営スタジオも代官山に移転する。

 新しい旗艦店と位置付ける「チャコット代官山」は、チャコットの親会社であるオンワードホールディングス(HD)が運営する複合施設「カシヤマ ダイカンヤマ」にオープンする。デジタルやカスタマイズなどの新しい要素を取り入れたダンス文化の発信基地を目指す。柱であるバレエを充実させるだけでなく、ウエルネス提案の「チャコット・バランス」、今年4月にリニューアルする「チャコット・コスメティクス」も強化していく。

 チャコットは1950年創業の老舗でバレエ・ダンス用品の国内最大手。直営店27店舗と直営スタジオ10店舗を運営し、20年2月期の売上高は108億円だった。

 オンワードHDは11日、チャコット渋谷本店およびオンワード樫山名古屋支店の土地・建物を売却すると発表した。21年3〜5月期に固定資産売却益を約48億円計上する見通し。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら