ビューティ

宝塚花組トップスターの柚香光がチャコットのコスメのイメージモデルに

 オンワードグループのチャコットは、2020年秋からコスメブランド「チャコット フォープロフェッショナルズ」のイメージモデルに、宝塚歌劇団花組トップスターの柚香光を起用する。

 チャコットでは創業70周年を迎えた20年から「人生を、芯から美しく。」をブランドフィロソフィーに掲げ、新たなブランディングを開始。よりブランドを拡大し、新たなターゲット、新たな市場を切り開くことを目指している。さらなる一般消費者との接点を拡大するために、以前から支持を得てきたチャコットのコスメにフォーカスし、コスメ単独としては初めての宣伝を行う。

 バレエなどステージで活躍する人が使うことを想定して開発したチャコットのコスメは、ステージ用ならではの“落ちにくさ”“発色の良さ”に加え、子どもでも安心して使える植物由来の原料を使用していることが特徴。そうした特徴が評価され、今ではステージや映像といったエンタテインメント関係者のみにとどまらず、一般消費者にも愛用者が広がっていて、来春には新商品の発売も予定している。

 今回イメージモデルとして起用する柚香光氏は、今年1月の公演「ダンス オリンピア」を機に宝塚歌劇団花組のトップスターに就任。幼少期からバレエで鍛えてきたキレのあるダンスが高い評価を得ている、宝塚の美を象徴する存在の一人だ。また、宝塚歌劇のモットーである“清く正しく美しく”が、チャコットの新たなブランドフィロソフィーである「人生を、芯から美しく。」と呼応するものととらえ、宣伝活動においてパートナーシップを組むことで、美しさを追求する集団としてのチャコットの企業姿勢を明確に打ち出すことを目指す。

 広告は9月初旬よりJR東日本首都圏全線社内、阪急全線車内などで展開。宝塚ファンのみならず、多くの消費者との接点強化を図る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら