ビューティ
連載 ビジネスリポート

ZOZOCOSMEは定番ファンデが人気 「ゾゾグラス」が購入の後押しに(2021年下半期)

有料会員限定記事

 ファッション通販サイトZOZOTOWNは、昨年3月に新サービスZOZOCOSMEをスタートし、本格的にコスメ市場に本格参入した。600ブランド以上を取り扱うほか、独自開発のフェイスカラー計測ツール「ゾゾグラス」でユーザーが肌にマッチしたファンデーションをリコメンドして購入を促している。ZOZOの平井勝EC事業本部 ブランド営業一部 ディレクターに聞いた。

WWD:ZOZOCOSMEのスタートから約1年経つが現在の状況は?

平井:客数も取り扱いブランド数も計画通りではあるが、もっとアグレッシブにいきたい。ZOZOTOWNはユーザーの平均年齢が33.7歳で7割が女性。一方、ZOZOCOSMEは9割が女性で20代のZ世代がメインユーザー。ZOZOTOWNのもともとのユーザーがコスメも購入する流れがほとんどで、6割のユーザーが洋服も同時に購入するなどファッション好きが多い。

WWD:7〜12月の商況は?

平井:10月末から年末にかけてのホリデーコレクションが好調に推移し大きな売り上げを作った。10月27日から12月末までホリデーの特設ページを用意し、デジタルプロモーションとしてユーチューブやインスタグラムを中心にデジタル広告を打ち出した。結果、さらなる認知拡大と新規ユーザーの獲得につながった。特設ページではZOZOCOSME専用セットや先行販売コスメ、人気ブランドのノベルティーなどでユーザーの興味を引きつけた。中でも好調だった商品は、「ポーラ(POLA)」のシワを改善する薬用化粧品“リンクルショット メディカル セラム N”本品が入った“リンクルショット 3Dプログラムキット”、「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」の人気製品を詰め込んだ“メークアップ コレクション 2021”、「エトヴォス(ETVOS)」の4色アイシャドウ“ミネラルクラッシィシャドー”など。「ポーラ」の “リンクルショットメディカル セラム N”はスキンケア全体をけん引するアイテムでもあり、ホリデーコレクションを契機にさらに勢いづいた。こういったアイテムをきっかけに、スキンケアカテゴリーをいっそう強化したい。

この続きを読むには…
残り780⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。