ビューティ

ZOZOがコスメ市場に本格参入、独自技術でお家で肌計測が可能に

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」は、本格的にコスメ市場に参入する。独自に開発した肌色計測ツール「ゾゾグラス(ZOZOGLASS)」を無料配布し、ユーザーが自分の肌にマッチしたファンデーションをリコメンドし、購入を促す。3月18日から、新サービス「ゾゾコスメ(ZOZOCOSME)」をスタートし、ドラッグストア・バラエティーショップや百貨店で取り扱うコスメブランドを約500扱い、スキンケアからカラーメイクまで販売する。伊藤正裕ZOZO取締役兼COOは、「肌色の計測は技術的に最も難易度が高いが、ユーザーがコスメを購入する際のベースになるもの。今後はこの技術をヘアやリップなど周辺アイテムにも応用し、ARを使ったバーチャルメイク機能も搭載していく」という。

 無料の「ゾゾグラス」の受付は本日29日から。これまで開発してきた体の3D計測の「ゾゾスーツ(ZOZOSUITS)」や足型の3D計測ツール「ゾゾマット(ZOZOMAT)」で開発したマーカー技術などに加え、新たに大量生産しても色ブレのないカラーチップの生産技術など、多彩な技術が盛り込まれているという。使い方はユーザーが「ゾゾグラス」をかけ、「ゾゾタウン」のアプリを起動し、カメラで撮影する。計測時間は約1分ほど。ヘモグロビンとメラニンを検出し、自分の肌の色や、髪やまゆげなどの基準色がわかる。

 コスメのネット通販モールの大手アイスタイルは、「アットコスメ(@COSME)」のEC売り上げが57億円(20年6月期)。「ゾゾタウン」は年間購入者数880万人(20年9月末)、会員の7割が女性を占め、平均の年間購入金額も4万3809円と高い。これら強力な会員基盤を生かし、「早急にナンバーワンを目指す」(伊藤取締役)考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら