ファッション

ZOZO復調、時価総額1兆円復活も目前の澤田社長が語る「ZOZOのこれから」

有料会員限定記事

 昨年9月11日の、創業者・前澤友作氏の電撃退任から約1年。ZOZOが澤田宏太郎社長兼CEOの下、復調を遂げている。10月29日に発表したZOZOの2020年4〜9月決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比50.2%増の199億円になり、過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した3月以降、ZOZOは尻上がりに業績を上向かせ、3月に1214円にまで落ち込んだ株価も10月に入って3000円を超え、時価総額で一時は1兆円に手が届きそうな水準にまで戻している。新生ZOZOは、何を変え、何を変えなかったのか。澤田社長に直撃した。

この続きを読むには…
残り2970⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら