ファッション

ZOZO復調、時価総額1兆円復活も目前の澤田社長が語る「ZOZOのこれから」

有料会員限定記事

 昨年9月11日の、創業者・前澤友作氏の電撃退任から約1年。ZOZOが澤田宏太郎社長兼CEOの下、復調を遂げている。10月29日に発表したZOZOの2020年4〜9月決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比50.2%増の199億円になり、過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した3月以降、ZOZOは尻上がりに業績を上向かせ、3月に1214円にまで落ち込んだ株価も10月に入って3000円を超え、時価総額で一時は1兆円に手が届きそうな水準にまで戻している。新生ZOZOは、何を変え、何を変えなかったのか。澤田社長に直撃した。

この続きを読むには…
残り2970⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら