ビューティ

ファッションEC「マガシーク」がコスメの取り扱い開始 韓国コスメなどメイクから美容機器まで

 マガシークが運営する通販ファッションサイト「マガシーク」はこのほど、コスメの取り扱いを開始した。新たに「コスメティックス&ビューティ」ページをオープンし、スキンケアやメイク、ボディーケア、美容機器などをラインアップ。多様なジャンルを扱うことで買い物の幅を広げるとともに、ECモールとしての利便性向上を狙う。

 新オープンの「コスメティックス&ビューティ」では、「キャンメイク(CANMAKE)」「セザンヌ(CEZANNE)」「マリークヮント(MARY QUANT)」「クナイプ(KNEIPP)」「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」などのほか、「ミシャ(MISSHA)」「ROM&ND(ロムアンド)」「メディヒール(MEDIHEAL)」といった韓国ブランドもそろえる。オープン記念として、10月31日まで対象のコスメブランドで使えるお得なクーポンをプレゼントしている。

 総合ファッション ECサイトを運営するマガシークは、“あなただけのセレクトショップ”をコンセプトにした洋服を取り扱う「マガシーク」や、NTTドコモと共同運営の「d fashion」を運営。また、サイト運営のノウハウを生かし、2000年から百貨店やメーカーの公式ECサイトを受託するECソリューション事業を立ち上げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら