ビューティ

ファッションEC「マガシーク」がコスメの取り扱い開始 韓国コスメなどメイクから美容機器まで

 マガシークが運営する通販ファッションサイト「マガシーク」はこのほど、コスメの取り扱いを開始した。新たに「コスメティックス&ビューティ」ページをオープンし、スキンケアやメイク、ボディーケア、美容機器などをラインアップ。多様なジャンルを扱うことで買い物の幅を広げるとともに、ECモールとしての利便性向上を狙う。

 新オープンの「コスメティックス&ビューティ」では、「キャンメイク(CANMAKE)」「セザンヌ(CEZANNE)」「マリークヮント(MARY QUANT)」「クナイプ(KNEIPP)」「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」などのほか、「ミシャ(MISSHA)」「ROM&ND(ロムアンド)」「メディヒール(MEDIHEAL)」といった韓国ブランドもそろえる。オープン記念として、10月31日まで対象のコスメブランドで使えるお得なクーポンをプレゼントしている。

 総合ファッション ECサイトを運営するマガシークは、“あなただけのセレクトショップ”をコンセプトにした洋服を取り扱う「マガシーク」や、NTTドコモと共同運営の「d fashion」を運営。また、サイト運営のノウハウを生かし、2000年から百貨店やメーカーの公式ECサイトを受託するECソリューション事業を立ち上げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら