ファッション

ロコンドとマガシークが相互出店 「ゾゾ」包囲網第1弾

 ファッション通販のロコンドとマガシークはこのほど、相互出店契約を締結した。「ロコンド」の1800ブランド・約17万品番、「マガシーク」「dファッション(d fashion)」の230ブランド・約8万品番のアイテムを、相互のサイトがそれぞれ販売できるようになる。田中裕輔ロコンド社長は3月に、「圧倒的な2位グループを作る」という戦略を発表しており、今回の提携はその第1弾になる。03年創業のマガシークはウィメンズのアパレルに強く、商品取扱高は約200億円(弊紙推定)。一方11年創業のロコンドはシューズに強く商品取扱高は100億円(2018年2月期)。両者はタッグを組み、ファッションEC首位で商品流通額2700億円(18年3月期見通し)を誇る「ゾゾタウン」を追撃する。

 今回の提携では、例えばお客が「マガシーク」で、「ロコンド」の商品を注文した場合、出荷先の情報が自動的にロコンドに送られ、商品をロコンドから発送。ブランド側にはマガシークから入金するというフローになる。サービス開始は今年の夏頃で、プロパー商品は一律返品送料無料、セール品は一律返品不可のサービスを予定しているという。ブランド側にとっては余分な在庫を持つ必要がなくなる上、システム開発費用を抑えることが可能になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。