ファッション

クリエイティブ・ラボのPARTYがサングラス専用Tシャツを販売 クラウドファンディングで資金調達

 最新のテクノロジーを使ったデジタル広告を手掛けるクリエイティブエージェンシーPARTY NYとデザインコレクティブPOSTHYPHENが共同で4月30日まで、オリジナルTシャツ“Temple T-shirt”の製作・販売に向けた資金調達をクラウドファンディング・プラットフォームのキックスターター(Kickstarter)で行う。

今回製作した“Temple T-shirt”は、サングラスのつるの部分を収納できる専用のポケットが胸についているオリジナルデザインのTシャツ。白地に黒ポケット 、紺地にグレーポケット、黄色地に白ポケット、黒地にグレーポケットの4色展開で、サイズはユニセックスでXSからXLの5サイズを用意する。調達目標額は8000ドル(約85万6000円)で、支援を1ドル(約107円)から募集しており、Tシャツは50ドル(約5350円)となっている。

PARTY NY代表の川村真司は、「PARTY NYは、テクノロジーを活用したクリエイティブを開発する会社と思われがちですが、私たちが普段から目指しているのは『新しい体験をデザインする』こと。このTシャツは日常にちょっとした楽しさを足してくれるといいなと思ってつくりました」とコメントしている。

PARTY NYは2014年からクリエイターの川村真司と清水幹太を中心に世界を舞台に活動しているクリエイティブ・ラボ。安室奈美恵の「Golden Touch」のミュージックビデオや、「スタジオジブリのあの服」など幅広い作品を手掛けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら