ファッション

「コンバース トウキョウ」がスタイリスト野口強のデニムブランドとコラボ

 メルローズの「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」は2018-19年秋冬、スタイリストの野口強が手掛けるデニムブランド「マインデニム(MINEDENIM)」とのコラボと、松本恵奈の「クラネ(CLANE)」との1年ぶりのコラボの2つのカプセルコレクションを打ち出す。

 今回初の「マインデニム」とのコラボは、ディレクターの野口が監修したメンズ3型とウィメンズ3型の全6型をそろえる。メンズはデニムジャケット(5万2000円)、デニムシャツ(3万円)、スキニージーンズ(3万7000円)で、ウィメンズはデニムジャケット(4万5000円)、デニムワンピース(3万8000円)、スキニージーンズ(3万5000円)。「コンバース」のスニーカーとの相性と、はき心地のよさにこだわりながら、バックスタイルに「コンバース」の象徴的な“☆”マークをペイントしているのが特徴だ。野口は「コンバース トウキョウ」のデビューシーズンから2度、ルックブックのスタイリングを手掛けた経験があり、ブランドにゆかりがあった。このコラボは来季以降も継続していく。

 1年ぶりの「クラネ」とのコラボライン"コンバース トウキョウ × クラネ(CONVERSE TOKYO x CLANE)"は今回がラストコレクションだ。デザインは「クラネ」の“C”と「コンバーストウキョウ」の“C”を重ねたCCマークと、“CLANE”と“☆”を掛け合わせたロゴ入りのスエットやジャケットなど、ウィメンズとメンズアイテムをそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら