ファッション

コンバースジャパン×メルローズの新ブランド「コンバース トウキョウ」が青山・みゆき通りに路面店

 コンバースジャパンとメルローズは9月5日、新ブランド「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」の路面店を東京の青山・みゆき通りのフロムファーストビル1階にオープンする。店舗面積は約54平方メートル。 "TOKYOの今を伝えるショップ"をコンセプトに掲げ、ウィメンズとメンズのデニムやカットソー、ジャケット、スエット、帽子、バッグなどを販売する。デザインは、シンプルな無地ものや、コンバースのアイコンである星をモチーフにしたもの、"CONVERSE TOKYO"のロゴを入れたトップスなどベーシックを基調にしたアイテムをラインアップ。また、ブランド名の"TOKYO"にちなんで、東京のクリエイターとコラボレーションしたファッション雑貨などを打ち出しているのが特徴だ。オープンを記念して、1万円以上の購入者にはオリジナルプリントのバンダナをプレゼントする(無くなり次第終了)。

 なお、デビューコレクションの2015-16年秋冬のルックには、水原希子をはじめ、柳俊太郎、黒田エイミ、アンジェラ、大柴祐介ら豪華モデルが登場。スタイリングには、野口強を起用し、話題を集めた。

■コンバース トウキョウ アオヤマ
オープン日:9月5日(土)
営業時間:11:00〜20:00(不定休)
電話番号:03-6427-4048(9月5日に開通)
住所:東京都港区南青山5-3-10 フロムファースト1階

【関連記事】
コンバースジャパンとメルローズが協業 新ブランド「コンバース トウキョウ」始動

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら