ファッション

「コンバース トウキョウ」が「クラネ」とコラボ 松本恵奈がデザインする新ラインを始動

 コンバースジャパンとメルローズによる「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」は2016-15年秋冬シーズン、松本恵奈が手掛ける「クラネ(CLANE)」とコラボレーションした新ラインをスタートする。"コンバース トウキョウ×クラネ(CONVERSE TOKYO×CLANE)"と題し、ウィメンズラインとして発表。「クラネ」が掲げる"オリジナル スタンダード"をコンセプトに、30代以上の女性に向けたウエア約20型を提案する。価格帯はトップスが8000〜1万6000円、ニットが1万6000〜1万8000円、ボトムスが2万2000〜2万6000円、アウターが4万8000〜5万2000円など。8月末に直営店などで発売予定だ。

 なお「コンバース トウキョウ」は、「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理デザイナーを起用したメンズライン"コンバース トウキョウ ワン(CONVERSE TOKYO ONE)"を16年春夏シーズンにスタート。現在、東京・青山に旗艦店と新宿の新商業施設「ニュウマン」に店舗を構え、4月13日に二子玉川の玉川高島屋S・C、4月22日に代官山アドレス・ディセに新店舗を開く予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、❝脱炭素❞を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら