ニュース

ウールのようなスポーツ素材、「キャンプファイヤー」でファッション分野の最高額を突破

 クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で、アパレルメーカーのオールユアーズのプロジェクトが、当初の目標を大きく上回り、支援総額が1100万円を突破した。18日18時30分現在で支援総額は489人から1189万5000円で、キャンプファイヤーによるとこれはファッションカテゴリの過去最高額だという。プロジェクトの終了までまだ12日を残しており、今後もさらに伸びることが予想される。オールユアーズは2015年7月にライトオン出身の木村昌史・代表取締役が創業したベンチャー企業で、これまで機能素材を使ったワークウェアを企画・販売してきた。3月には、日本最大の合繊織物メーカーである丸井織物と資本提携を行っていた。

 オールユアーズのプロジェクト名は、「着たくないのに、毎日着てしまう。クセになるジャケットとパンツが出来ました!!」。丸井織物と共同開発した、まるでウールのようにみえるスポーツ素材“ファストパス(FAST PASS)”を使って、カジュアルなジャケットとパンツを販売している。

 キャンプファイヤーによると、これまでの支援総額の最高額は現在も進行中のアニメ「クドわふたー」の劇場アニメ化計画で、現在2106人から4900万円超を集めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら