ニュース

ロコンドが“対ゾゾ同盟” 田中社長が「圧倒的な2位グループを作る」

 ファッションECモール中堅のロコンドは、ファッションEC最大手の「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の対抗策として、資本提携も含めたファッションECの再編に乗り出す。田中裕輔ロコンド社長は「日本のファッションECはプレーヤーが多すぎる。小さいところで手を組むことで業界全体の効率化に取り組みたい。まずは“同盟”で年間の商品流通総額300億円プラスアルファを目指す」と語った。ファッションECモールは、首位の「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイが流通総額2700億円(2018年3月期見通し)で圧倒的首位にあり、2番手以降はマガシークや丸井のECモールなどが200億円前後にとどまっている。ロコンドも18年3月期で100億円の計画になっている。

 田中社長によると、対ゾゾ同盟の狙いは「在庫の共通化により、ブランド側からニーズの強い在庫の分散化を防ぐこと」。また、ファッションECモールは写真の撮影や配送を含めた物流も各自が行っており、合計1万坪の自社倉庫や1日5万アイテムの入荷処理能力を持つなど「効率では業界一」(田中社長)の配送モデルをテコに複数のモールと幅広いアライアンスを組むことで、ファッションEC全体の効率化を目指し、首位の「ゾゾタウン」を追撃する。アライアンスに関しては、第1弾を今春をメドに締結する計画だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら