ニュース

ロコンドが“対ゾゾ同盟” 田中社長が「圧倒的な2位グループを作る」

 ファッションECモール中堅のロコンドは、ファッションEC最大手の「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の対抗策として、資本提携も含めたファッションECの再編に乗り出す。田中裕輔ロコンド社長は「日本のファッションECはプレーヤーが多すぎる。小さいところで手を組むことで業界全体の効率化に取り組みたい。まずは“同盟”で年間の商品流通総額300億円プラスアルファを目指す」と語った。ファッションECモールは、首位の「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイが流通総額2700億円(2018年3月期見通し)で圧倒的首位にあり、2番手以降はマガシークや丸井のECモールなどが200億円前後にとどまっている。ロコンドも18年3月期で100億円の計画になっている。

 田中社長によると、対ゾゾ同盟の狙いは「在庫の共通化により、ブランド側からニーズの強い在庫の分散化を防ぐこと」。また、ファッションECモールは写真の撮影や配送を含めた物流も各自が行っており、合計1万坪の自社倉庫や1日5万アイテムの入荷処理能力を持つなど「効率では業界一」(田中社長)の配送モデルをテコに複数のモールと幅広いアライアンスを組むことで、ファッションEC全体の効率化を目指し、首位の「ゾゾタウン」を追撃する。アライアンスに関しては、第1弾を今春をメドに締結する計画だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら