ビジネス

「オールセインツ」がロコンドと提携解消、EC構築大手ビービーエフとサイト刷新

 英国発ブランドの「オールセインツ(ALLSAINTS)」が15日、EC構築大手のビービーエフと戦略的パートナーシップを締結し、国内サイトをリニューアルオープンした。これまで日本上陸を支援し、ECサイト構築を手がけてきたロコンドとの提携は解消となる。新サイトでは柔軟性の高い最新のECエンジンを採用し、ローンチ後もサイトを柔軟にカスタマイズしていける環境を整えた。

 「オールセインツ」はグローバルでグーグル(GOOGLE)やアマゾン(AMAZON)とパートナーシップを組むなど、 デジタル先進企業として知られる。日本では16年4月にEC企業のロコンドと提携してECサイトを開設。ロコンドがシステムから運営、物流までを一括して代行する形で上陸を果たした。16年2月に先行してオープンした原宿の期間限定店舗やららぽーとTOKYO-BAYの直営店などの実店舗との在庫連携といった幅広い業務をロコンドが請け負ってきた。今後は順次開発が完了次第、ビービーエフによる店舗との連携も開始する予定だ。

ビービーエフはヨウジヤマモトやユナイテッドアローズ、バロックジャパンリミテッドなどを顧客に持つファッションECの運営受託大手。今年6月に三井物産が持ち株を売却。人材派遣中堅のヒト・コミュニケーションズが43億5500万円を投じ、子会社化したばかり。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら