ファッション

銀座アルマーニタワーが2018年3月から1年かけて改装へ

 ジョルジオ アルマーニ ジャパンは、旗艦店である銀座アルマーニタワーを2018年2月末でいったんクローズし、1年をかけた改装に入る。リニューアルオープンは、2019年春を予定している。新コンセプトを反映して内装を大幅に変更するほか、“カスタマイゼーション”をキーワードにVIPサービスの強化などサービス面もいっそうの充実を図る。

 同店は07年11月にオープン。竹をモチーフにしたインパクトあるデザインから通称“バンブータワー”とも呼ばれ、銀座のランドマーク的存在となっている。地下2階・地上12階の中にはブティックやレストランのほかオフィスも入っており、店舗改装中もオフィスは営業を継続する。

 なお、同社はブランドの統合・再編を進めており、現在6つあるファッションブランドを18年春から、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」「A|X アルマーニ エクスチェンジ(A|X ARMANI EXCHANGE)」の3ブランドに統合する。6ブランド合わせて約100あった国内の店舗数は統合後も維持し、「アルマーニ コレツィオーニ(ARMANI COLLEZIONI)」から「エンポリオ アルマーニ」へなどのように店名が変わる店舗については、1月以降随時新装オープンする。ジョルジオ アルマーニ ジャパンの笹野和泉・社長は、「取引先からの賛同を得たことで、統合による閉店はゼロの結果となった。整理され分かりやすくなった新体制で18年に臨みたい」と話している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら