ファッション

「ジョルジオ アルマーニ」などがミラノメンズのショーを急遽キャンセル コロナの感染再拡大で

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」と「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」は、ミラノで1月15日と17日に発表予定だった2022-23年秋冬コレクションのショーを中止する。欧州における新型コロナウイルスの感染再拡大を受けての決断だ。デジタルでの発表は予定していない。また、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」は1月24〜27日に行われる22年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークへの参加中止を見込んでいる。

 アルマーニ社は、「大変残念だが、感染状況が悪化していることを慎重に受け止め、今回の決断に至った。ファッションショーは代えがきかない大切な存在だが、従業員や市民の安全と健康を何よりも優先しなければならない」と説明した。

 2022-23年秋冬シーズンのミラノ・メンズ・コレクションは、1月14〜18日に開催する。前シーズンまでパリ・メンズのスケジュールで参加していた「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」と「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」も名を連ねている。

 なお「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」は、やはり感染再拡大に伴い、1月11〜13日に開催されるメンズファッション最大の見本市、ピッティ ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMAGINE UOMO)への出展を取りやめると発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら