ビューティ
連載 世界の女性リーダー

米「WWD」が選ぶ業界をけん引する女性トップ50【ビューティ編】

有料会員限定記事

 米「WWD」と「フットウエアニュース(FOOTWEAR NEWS)」は今年、ファッション・ビューティ業界をけん引する女性をたたえる「50 Most Powerful Women」を初めて発表した。企業のトップからデザイナー、インフルエンサー、スタイリスト、投資家までさまざまな業種で活躍する女性50人を表彰した。ビジネスの功績だけでなく、サステナビリティやCSR活動、女性のエンパワーメント、次世代の育成など、より良い業界のために尽力してきた女性をたたえている。またそれぞれから、リーダーシップに関するアドバイスをもらった。ここでは、ビューティ業界で活躍する女性を紹介する。


エシ・エグルストン・ブレイシー(Esi Eggleston Bracey)

ユニリーバ ノースアメリカ(UNILEVER NORTH AMERICA)ビューティ・パーソナルケア部門 エグゼクティブ・バイス・プレジデント、最高執行責任者(COO)

主な経歴・活動
 エシ・エグルストン・ブレイシー(Esi Eggleston Bracey)はキャリアの中で、ビジネスの利益と同じくらいパーパス(社会的意義)を重要視してきた。北米におけるユニリーバ(UNILEVER)のビューティ・パーソナルケア事業を統括し、彼女はそこで最大のプラットフォームを手にすることになった。髪型による差別を禁止する「クラウン法(THE CROWN ACT)」を成立させるための支援を行ったり、「ラブ ビューティ アンド プラネット(LOVE BEAUTY AND PLANET)」をはじめとするサステイナブルなブランドを立ち上げたりするなど、あらゆる分野においてソーシャルグッドに働きかけるポジティブな影響を与えている。

リーダーシップについてのアドバイス
 自分自身の成長のために投資すること。どうしたら自分らしくみんなをインスパイアし、フォーカスさせ、エンパワーして、自分のリーダーとしてのミッションを受け入れてもらえるか理解することが大事。


ジェーン・ハーツマーク・ハディス (Jane Hertzmark Hudis)

エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)=エグゼクティブ・グループ・プレジデント

この続きを読むには…
残り2462⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。