ファッション

米「WWD」が選ぶ業界をけん引する女性トップ50【ファッション企業トップ編】

有料会員限定記事

 米「WWD」と「フットウエアニュース(FOOTWEAR NEWS)」は今年、ファッション・ビューティ業界をけん引する女性をたたえる「50 Most Powerful Women」を初めて発表した。企業のトップからデザイナー、インフルエンサー、スタイリスト、投資家までさまざまな業種で活躍する女性50人を表彰した。ビジネスの功績だけでなく、サステナビリティやCSR活動、女性のエンパワーメント、次世代の育成など、より良い業界のために尽力してきた女性をたたえている。またそれぞれから、リーダーシップに関するアドバイスをもらった。ここでは、ファッション企業・ブランドのトップを務める女性を紹介する。


デルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) エグゼクティブ バイスプレジデント、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)取締役会・執行委員会メンバー

主な経歴・活動
 ラグジュアリー業界の巨人、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)の長子で一人娘、デルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)の活力は父親譲りだ。クリエイティブな才能を多く発掘し、型破りな新人デザイナーを同社の主要ブランドのいくつかに起用してきた。若いデザイナーの支援に情熱を注ぎ、2014年創設の「LVMHプライズ(LVMH PRIZE)」の発案者でもある。フランス・リールにあるEDHECビジネススクールとロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ後、経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー(MCKINSEY&CO.)に勤務。その後、00年に「ジョン ガリアーノ(JOHN GALLIANO)」のデベロップメント・ディレクターとして、家族が経営するLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンに入社した。01年にディオール(DIOR)に異動し、舞台裏での仕事の進め方を学ぶ。その後、デピュティ・マネージング・ディレクターに昇進し、13年、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任(現職)。

リーダーシップについてのアドバイス
 リーダーシップにジェンダーは関係ないとはいえ、私たちは次世代をインスパイアし、エンパワーしていく責任がある。LVMHでは、女性がグループ内の高い地位につけるようさまざまな支援の取り組みを作ってきた。トップの地位の約半数を女性が占める「ルイ・ヴィトン」の業績については、とりわけ誇らしく思う。


フランチェスカ・ベレッティーニ(Francesca Bellettini)

「サンローラン(SAINT LAURENT)」 プレジデント兼CEO

主な経歴・活動
 フランチェスカ・ベレッティーニ(Francesca Bellettini)は、投資銀行家としてキャリアをスタート。1999年にプラダ・グループ(PRADA GROUP)に入社し、事業企画開発部に配属された後、「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」のオペレーション・マネージャーに就任。2003年、ケリング(KERING)に入社し、「グッチ(GUCCI)」のストラテジック・プランニング・ディレクターおよびワールドワイド・マーチャンダイジング・アソシエイトディレクターを歴任した。「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」を経て、13年から現職。

この続きを読むには…
残り8167⽂字, 画像17枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら