ファッション

チャールズ&キースが体制一新 ECサイトもリニューアル

 シンガポール発のシューズ&バッグブランド「チャールズ&キース(CHARLES & KEITH)」は14日、ECサイトをリニューアルオープンする。1996年にシンガポールで創業した同社は、2013年にオンワードホールディングスと共同出資でチャールズ&キースジャパンを設立していたが、昨年12月にファッションビルやショッピングセンターに13店舗あった実店舗を閉鎖。オンワードホールディングスは2月末で出資を引き上げており、日本のECサイトも現在は閉鎖していた。

 リニューアルオープンするECサイトはロコンドと連携。自社ECサイトの開発と物流倉庫をロコンドが受託し、自社ECサイト「チャールズ&キース オフィシャルオンラインストア」に加え、ECモールの「ロコンド」と「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」でも販売する。

 ロコンドは自社のECプラットフォームを外部にも提供する自社EC支援事業を積極的に進めており、外資ブランドと積極的に提携。昨年11月にはスペイン発「マンゴ(MANGO)」との間で、自社ECサイトと実店舗の展開も含めた日本での独占販売権を獲得。5月を目途に東京・原宿の実店舗のリニューアルも予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら