ニュース

ECモール発の小型百貨店が原宿に誕生、「マンゴ」直営店をリニューアルへ

  ECモール「ロコンド」を運営するロコンドが配送、決算などに関する中期計画を発表した。まずは1月中に、朝6時から深夜0時まで1〜2時間の時間指定ができる新たな配送サービス「ファーストクラス便」を開始する。2月には決済サービス「試着後払い」のローンチを控え、2月28日には株式の流動性向上を目的に株式分割も予定する。

 加えて、3月には同社が国内での独占パートナーシップ契約を結ぶ「マンゴ(MANGO)」の直営店をECのノウハウを活用した“小型百貨店”へと刷新する。また、同時期にファッションEC企業としては過去最大規模となるテレビ広告を検討していることも明かした。

 2017年3〜11月期の同社決算は、売上高が前年同期比37.6%増の28億1000万円、営業利益が同28.1%増の2億200万円、経常利益が同19.8%増の1億9000万円だった。同期間の返品差引後の商品取扱高は70億4700万円。