ビジネス

「バルマン」が新CEOを任命 「ジバンシィ」の幹部

バルマン(BALMAIN)は4月15日、新たな最高経営責任者(CEO)として、ジバンシィ(GIVENCHY)のマテオ・スガルボッサ(Matteo Sgarbossa)=インターナショナル・ディレクターを任命した。5月6日付で就任する。前任のジャン・ジャック・ゲヴェル(Jean-Jacques Guevel)前CEOは、3月18日に退任を発表していた。

関係者によれば、スガルボッサ新CEOは、ジバンシィに加わる前はグッチ(GUCCI)をはじめ、ベネトン(UNITED COLORS OF BENETTON)やマンゴ(MANGO)などでキャリアを積んでいる。

バルマンを擁するカタールの投資会社メイフーラ・グループ(MAYHOOLA GROUP)のCEOでもあるラシード・モハメド・ラシード(Rachid Mohamed Rachid)=バルマン会長は、「優れたリーダーシップを持ち、ファッションおよびラグジュアリー分野でエグゼクティブとしての経験が豊富なマテオは、バルマンを率いるのに理想的な人物だ。オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)=クリエイティブ・ディレクターと共に、メゾンの新たな章を成功させてくれるものと確信している」と語った。

スガルボッサ新CEOは、「『バルマン』は1945年の創業以来、クリエイティビティーとイノベーションを体現するブランドだ。この唯一無二のレガシーを持つメゾンをさらに成長させていけることを大変うれしく思っている。私を信頼し、その役割を託してくれたラシードとメイフーラに心から感謝している」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。