ファッション

「チャールズ&キース」国内全店舗を閉鎖 ECのみで事業継続

 シンガポール発のシューズ&バッグブランド「チャールズ&キース(CHARLES & KEITH)」の国内店舗を全て閉鎖し、ECのみで販売を継続する。旗艦店の原宿店以外の13店舗はすでに撤退。原宿店も12月31日に閉める。ECは26日にいったん終了させた後、来年春に再スタートする。

 「チャールズ&キース」は、1996年にシンガポールで創立。高級ブランドのような店舗環境でファッショナブルなシューズやバッグを手ごろな価格で提供しており、アジア、欧州、中東、アフリカに店舗網を持つ。日本ではオンワードホールディングスとチャールズ&キースグループが共同出資でチャールズ&キースジャパンを設立し、2013年4月に1号店の原宿店を開いた。全国主要都市のファッションビル、ショッピングセンターなどを中心に14店舗を運営していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら