ファッション

アパレル大手5社で閉店3100以上 コロナが迫る大転換

有料会員限定記事
 
 アパレルの大量閉店が続いている。百貨店や総合スーパー(GMS)、ショッピングセンター(SC)を主販路にする総合アパレル大手5社(オンワードホールディングス、ワールド、TSIホールディングス、三陽商会、レナウン)の2020年度の退店は、3100店舗(売り場)以上に達しそうだ。数年来の販売不振に新型コロナウイルスの打撃を受けて、大規模な構造改革を迫られた。短期間でこれだけの店舗が閉まることは前代未聞で、百貨店やSCも売り場再編が避けられない。

オンワード700店舗、ワールド358店舗……

 総合アパレル5社が現在までに発表した店舗撤退は、オンワードHDが700店舗(21年2月期)、ワールドが358店舗(同3月期)、TSIが210店舗(同2月期)、三陽商会が160店舗(同2月期)、主要事業を小泉グループに譲渡したレナウン(5月に経営破綻)が1700店舗前後(20年12月期)。海外も一部含まれるが、大部分は国内の店舗だ。

 このうち半分以上を占めるレナウンは19年12月期時点で約2000店舗あったが、大半が消えることなる。小泉グループが引き継ぐのは「アクアスキュータム(AQUASCUTUM)」80店舗、「ダーバン(D'URBAN)」70店舗、「エレメントオブシンプルライフ(ELEMENT OF SIMPLE LIFE)」150店舗くらいの見通し。百貨店で販売していた婦人服「エンスウィート(ENSUITE)」や、SCで展開してきた「アーノルドパーマータイムレス(ARNOLD PALMER TIMEESS)」は引き受け先が現れず、夏から順次閉鎖している。

この続きを読むには…
残り1963⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら