ファッション

足元はプラットホームが人気 21年春夏パリ・ファッション・ウイーク

 9月28日〜10月6日、2021年春夏パリ・ファッション・ウイーク(パリコレ)が開催された。84ブランドが参加し、新型コロナウイルスの影響からリアルなイベントとデジタルショーケースを織り交ぜて開催された。

 パリコレ会場付近には多くのファッショニスタが集り、スナップも盛り沢山。今シーズンはジャケットやスーツスタイルでクラシックなスタイリングが目立つ。足元は定番のストリート系スニーカーで外す人もいれば、ブーツでスタイルアップをする人も。全体では今季注目のプラットホームソールを好む傾向が強いようだ。また素材の異なる黒を重ねて立体感を演出したオールブラックコーディネートも多く見られた。バッグは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のミニバッグや「シャネル(CHANEL)」のチェーンバッグといったアイテムが人気のようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら