ファッション

「ベイプ」がドレイクの「OVO」とコラボ イメージムービーにはマイキー・ウィリアムズが出演 

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R) )、以下ベイプ」はこのほど、カナダ・トロント出身のラッパー、ドレイク(DRAKE)が手掛けるクリエイティブ集団「オクトーバーズベリーオウン(October’s very own、OVO)」とのコラボアイテムを発売した。

 「ベイプ」のシグネチャーであるカモフラージュ柄のTシャツやフーディー、キャップなどのアイテムに、「OVO」のアイコンでもあるフクロウをデザインした。またイメージムービーにはアメリカの若手バスケットボール選手として注目を集めるマイキー・ウィリアムズ(Mikey Williams)を起用。さらに、ルックのモデルにはロサンゼルスを拠点に活動するヒップホップクルーのショアライン・マフィア(Shoreline Mafia)のメンバーのオージージー(Ohgeesy)を起用した。

 アイテムはベイプエクスクルーシブ(BAPEXCLUSIVE)青山、ベイプストア(R)ドーバー ストリート マーケット 銀座(BAPESTORE(R)DOVER STREET MARKET GINZA)、ベイプ ストア京都、公式オンラインストアなどで取り扱う。 

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら