ファッション

ドレイク、ナイキからアディダスへ“禁断の移籍”か

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2018年春夏メンズ・コレクションのショーBGMで新曲を発表し、「プラダ(PRADA)」がツアー衣装を手掛けるなど、ラグジュアリーブランドとも縁の深いカナダ・トロント出身の人気ラッパー、ドレイク(Drake)。そんなカナダ人ラッパーがアディダス(ADIDAS)と契約する可能性があると複数の海外メディアが報じている。

 ドレイクは2週間前に「ナイキ(NIKE)」と自身のアパレルブランド「オクトーバーズ・ベリー・オウン(OCTOBER'S VERY OWN以下、OVO)」とのコラボ“エア ジョーダン 8(AIR JORDAN 8)”を発売したばかり。また、“ジョーダンブランド(JORDAN BRAND)”がツアー衣装を手掛け、自身のMVで頻繁にナイキのアパレルやスニーカーを身につけるなど、良好な関係を築いてきた。移籍の理由は明らかにされていないが、ナイキとのパートナーシップに満足していないようで、ナイキからアディダスへの“禁断の移籍”に注目が集まっている。

 なお、ナイキからアディダスへの“禁断の移籍”は、カニエ・ウェスト(Kanye West)の前例がある。カニエはナイキと「イージー(YEEZY)」を手掛けるも、デザインのロイヤリティー料でもめ、14年に契約を解消。その後、楽曲「Facts」で「Yeezy, Yeezy, Yeezy just jumped over Jumpman(イージー イージー Jumpmanを超えるんだ)」(Jumpmanはナイキの“ジョーダンブランド”を象徴するロゴ)と痛烈に批判し、翌年アディダスと「イージー」の協業を開始した。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら