ファッション

代官山 フレッド シーガル マンがリニューアル 「ワコマリア」や「ノンネイティブ」など新規ブランドが多数加入

 2017年9月に設立したフレッドシーガルジャパンが運営するフレッド シーガル(Fred Segal)がイメージを一新する。第1弾として、代官山 フレッド シーガル マンが2月24日にリニューアルオープンする。「カルバン・クライン ジーンズ(CALVIN KLEIN JEANS)」や「ワコマリア(WACKO MARIA)」「ラルディーニ(LARDINI)」「ノンネイティブ(NONNATIVE)」など新規ブランドを多数導入し、ドレスカジュアルの提案もふまえた品ぞろえを実現する。

 リニューアルオープンを記念して、デニムリメイクブランドの「ボナム(BONUM)」のポップアップを開催する。フレッド シーガル別注のスリムパンツを数量限定で発売する他、ブルゾンやシャツなど全て1点もののアイテムをそろえる。価格帯は1万~9万8000円。

 フレッド シーガルはLA発のセレクトショップ。15年に日本第1号店として代官山店をオープン。17年にナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)前社長の藤田浩行氏が日本事業を譲り受けている。

■BONUM x Fred Segal Pop up Store
日程:2月24~3月4日
時間:11:00~20:00
場所:代官山 フレッド シーガル マン
住所:東京都渋谷区代官山13-1 ログロート代官山

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら