ファッション

ローカルカルチャーが世界基準になる街 ウィズコロナのファッションシティー「LA編」

有料会員限定記事

 全世界を襲ったコロナの感染拡大は、例外なくロサンゼルスでも猛威をふるった。戸惑い恐怖を抱えながら生きる人々、次々にクローズしていくビジネス——。多くのプロジェクトがストップし、抜け道のない長いトンネルのように感じた人も少なくはない。2022年現在、ウイルスはまだそこに存在しているが、人々のマインドセットは恐れを抱いていただけの2年前とは違う。多くの人々の価値観とライフスタイルに変化が見られ、自身とコミュニティーを大事にし、将来を見据えたプロジェクトを開始した人々が多く見られるようになった。これは、企業もしかり。世界情勢と私たちの生活に明るい光を与えてくれるような、すてきなムーブメントがここロサンゼルスでは多く始まっている。

 ビーチシティのマリブとサンタモニカには、100%地産地消サーフショップがオープンした。「ブラザーズ・マーシャル マリブ サーフ カルチャー ショップ(BROTHERS MARSHALL MALIBU SURF CULTURE SHOP)」は、マリブ出身の有名サーファーであるマーシャル兄弟がオーナーを務める。オープニングイベントにはレジェンドサーファーから有名アクターまで、多くのカルチュラルピープルが集った。

 ほかにも、ライフスタイルを豊かにしてくれるアートやミュージック、ファッション関連商品がそろうサーフショップ「2-3 フェア(2 to 3 FAIR)」もオープン。人々が良いアイデアを交わしあえるコミュニケーションの場として、これから更に支持されそうだ。

 ウエストサイドで人気のストリート、アボットキニーは、コロナの影響で撤退する店舗も続出して寂しくなっていた。しかし、毎週土曜日に開催されている屋外フリマ「アーティスツ アンドフリーズ(ARTISTS & FLEAS)」をはじめとする屋外イベントが多く開催され、活気を取り戻しつつある。

この続きを読むには…
残り2939⽂字, 画像16枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。