ファッション

「ビームス ジャパン」が米国初のポップアップストアをフレッド シーガル本店にオープン

 ビームスは11月14日、米・ロサンゼルスのセレクトショップ、フレッド シーガル(FRED SEGAL)のサンセット通り本店に「ビームス ジャパン」のポップアップストアをオープンした。ビームスとしては、ノードストロムの北米8店舗に続いてのオープンとなり、「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」のポップアップストアは米国で初めてのお披露目となる。会期は2020年1月終了予定。

 ポップアップストアは、約185平方メートルの面積を誇り、創業約100年の秋村泰平堂が手掛けた提灯101個がウインドーを灯す。店内には日本各地の工芸品や名品を並べ、「ビームス ジャパン」の世界観をロサンゼルスに住む多くの人が体験できる機会を提供する。

 アイテムは、「ビームス プラス(BEAMS +)」「ビームス ボーイ(BEAMS BOY)」「ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)」「マチュアリー(MATURELY)」のウエアを用意する。

 また店内やウインドーには、イラストレーターの永井博が描き下ろした作品を展示する。作品は、ビームスが創業時から抱いていた西海岸への憧れを永井がさまざまな光景に描き下ろした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら