ファッション

ビームスがノードストロムの北米8店舗でポップアップ

 ビームスは、ノードストロムの北米8店舗にポップアップストア「コンセプト007:BEAMS」を11月7日からオープンしている。ニューヨークの新しくオープンしたメンズストアをはじめ、シアトル、ロサンゼルス、マイアミ、コスタメサ、シカゴ、ダラス、バンクーバーのノードストロムで展開。期間は2020年1月5日まで。

 ポップアップストアでは、「ビームス (BEAMS)」「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」「ビームス プラス(BEAMS +)」「ビームス T(BEAMS T)」などのメイン商材のほか、「ディアスポラスケートボード(DIASPORA SKATEBOARDS)」「ナイジェルグラフ(NAIJEL GRAPH)」「サスクワァッチファブリックス(SASQUATCHFABRIX.)」「テアトラ(TEATORA)」「KOJI YAMAGUCHI」「YUSUKE HANAI」といった、日本ブランドやアーティストのアイテムを販売。さらには「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS」「ニューバランス(NEW BALANCE)」「ニューエラー(NEW ERA)」「ポロ ラフルローレン(POLO RALPH LAUREN)」などとのコラボレーションアイテムをそろえる。

 ビームスのグローバル・マーケティング・クリエイティブ・スーパーバイザーは、「日本のファッションと文化を、目の肥えたノードストロムの顧客に紹介できるすばらしい機会で、エキサイティングな出来事だ」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら