ビジネス

ウォルマート17年度売上高は約53兆円 EC伸び悩みで株価下落

 ウォルマート(WALMART INC.)の2018年1月通期決算は売上高が前期比4.1%増の5003億4300万ドル(約53兆360億円)、純利益は同27.7%減の98億6200万ドル(約1兆650億円)で増収減益だった。

 ウォルマートU.S.の売上高は同3.4%増の3185億ドル(約33兆7610億円)、ウォルマート・インターナショナル(WALMART INTERNATIONAL)の売上高は同1.7%増の1181億ドル(約12兆5186億円)、サムズ クラブ(SAM’S CLUB)の売上高は同3.1%増の592億ドル(約6兆2752億円)だった。

 傘下のジェット・ドット・コムの創業者でもあるマーク・ロアー(Marc Lore)=ウォルマートU.S. EC部門プレジデント兼最高経営責任者が率いるECサイトの売上高は前期比同44.0%増だったが、11〜1月期は前年同期比23%と減速した。決算発表後の2月20日の同社株価終値は、ECサイトの伸び悩みが嫌気され前日比10.1%減となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら