ビジネス

ウォルマートがアマゾンに対抗、デジタルに強い女性幹部をアパレルEC責任者に

 ウォルマート・ストアーズ(WAL-MART STORES INC.以下、ウォルマート)のEC事業におけるファッション部門のシニア・ヴァイス・プレジデントにデニース・インカンデラ(Denise Icandela)が就任する。アマゾン(AMAZON)とのECバトルはますます過熱しそうだ。

 インカンデラ=シニア・ヴァイス・プレジデントは、マッキンゼー(McKINSEY & CO.,)で小売業界のコンサルタントを務めた後、1999年に百貨店のサックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)に転職。デジタル部門を一から築き上げ、副社長などの要職を務めた。2014年からはラルフ ローレン(RALPH LAUREN)でグローバルデジタル部門のプレジデントを務めたが経営陣との意見の相違で退任。今年の4月からはシューズを取り扱うエアロソールス(AEROSOLES)の暫定最高経営責任者に就任したが、同社は9月15日に米国連邦破産法第11条の適用を申請した。

 インカンデラ=シニア・ヴァイス・プレジデントは10月2日よりウォルマートに参画し、スコット・ヒルトン(Scott Hiton)=ウォルマートUS EC部門チーフ・レベニュー・オフィサー(CRO)の下でデジタル部門のアップスケールを図る。ヒルトンCROは「EC事業においてファッションは重要なカテゴリーだ。インカンデラは何百万人といる顧客に特別な買い物体験を提供するためのリーダーシップを発揮するだろう」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。