ビジネス

インディテックス上半期決算は増収増益 10月からインドでもECサイトをスタート

 「ザラ(ZARA)」や「ベルシュカ(BERSHKA)」を擁するスペインの小売大手インディテックス(INDITEX)の2017年2~7月期決算は、売上高が前年同期比11.5%増の116億7100万ユーロ(約1兆5522億円)、純利益が同8.7%増の13億6600万ユーロ(約1816億円)で増収増益だった。「ストラディバリウス(STRADIVARIUS)」以外の全ブランドで売上高が同2ケタ増と伸長した一方で、秋物の早期投入や為替変動によって粗利益は同0.4%減だった。

 9月20日に行われた決算報告では、10月4日に「ザラ」のECサイトをインドで開設することを発表した。同社は94の国と地域で「ザラ」を展開しており、ECサイトはその半数の国と地域で運営している。同社は5月に「ザラ」の旗艦店をムンバイにオープンし、インド国内にある20店舗の中で最も売り上げている。中間層が爆発的に増えているインドを次なるマーケットととらえるが、インフラ整備はいまだ十分ではない。ECサイトはこうしたインドの小売り市場における重要な一手だ。

 パブロ・イスラ(Pablo・Isla)会長兼最高経営責任者(CEO)は、オフラインとオンラインを融合したストアモデルの強さと持続性を挙げる。「オンラインに関してはほぼ全ての都市で翌日受け取りを実現している。マドリッドでは即日配送も行っており、他の地域に広げる予定だ」とイスラ会長兼CEOは話す。また、オンラインで購入した商品をリアル店舗で受け取る仕組みにも言及し、「店頭受け取りはオンライン戦略における重要な要素だ」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら