ビジネス

ウォルマートがグーグルと提携 音声認識で通販可能に

 米スーパーマーケットチェーン、ウォルマート・ストアーズ(以下、ウォルマート)がECでの商品購入においてグーグル(Google)と提携する。マーク・ロアー(Marc Lore)=ウォルマートUS EC部門プレジデント兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。9月末以降、グーグルの音声認識検索サービス「グーグル アシスタント(Google Assistant )」上で、ウォルマートの数十万もの商品が購入可能になる“音声ショッピング”をスタートする。もちろん、音声アシスタントデバイス「グーグル ホーム(Google Home)」にも対応する。新たな販売チャネルを広めるための施策として、まずは店頭受け取りによる割引や無料配達サービスなどを用意する。ウォルマートの会員情報と連動させることで、店舗やECでの購買履歴に合わせたパーソナライズ提案機能も備える予定という。

 ロアー=プレジデント兼CEOは、「これは始まりにすぎない。来年には“音声ショッピング”に限らず、アメリカにある4700もの店舗と連携し、顧客に最良な体験を与えるためのシームレスなネットワークができあがる。“音声ショッピング”で生鮮食品を買うことだってできるだろう。これからも人々の生活をより便利にするための新たな可能性を生み出すことに集中する」とコメントする。

 グーグルで広告・コマース部門のシニア・ヴァイス・プレジデントを務めるスリダー・ラマスワミー(Sridhar Ramaswamy)は、「『グーグル アシスタント』はショッピングをより早く簡単にするためのもの。ウォルマートとの素晴らしい連携がようやく始まる」と話し、同時にホームデリバリー・サービス「グーグル エクスプレス(Google Express)」の無料サービス開始を公表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら