ファッション

ウィズコロナ初のリアルでのファッション・ウイーク来場者は何着てる? コペンハーゲンではマスクよりもビーサンが人気

 2021年春夏シーズンのコペンハーゲン・ファッション・ウイークが8月10〜12日に開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中のファッション・ウイークがリアルでの開催を断念していた中、コペンハーゲンはデジタル、ハイブリッド、フィジカルという3つの手法で実施された。参加したのは北欧のブランドが中心で、ショー会場を訪れる来場者数は例年の半分以下ではあったものの、リアルでは久しぶりのファッションイベントということもあり、短い夏空とともに楽しむ人々で、街は活気に溢れていた。

 ショー会場では収容数を100人に制限し、来場者にはマスク着用が推奨された。しかし強い日差しの影響か、マスクをファッションアクセサリーとして取り入れる人はほとんどなく、サングラスと帽子の着用者が多かった。サングラスはレトロな雰囲気がトレンドで、帽子はバケットハットが断トツで多かった。バッグは「シャネル(CHANEL)」のチェーンバッグや「ディオール(DIOR)」のサドルバッグ、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のメッシュバッグなどのクラシックなムードを好む傾向が強いようだ。これまでスニーカーが定番だった足元は、ビーチサンダル派が急増してさらに軽快になった。ほかにも「ザ・ロウ(THE ROW)」のプラットフォームやヒール付きのミュール、「スイコック(SUICOKE)」のスポーツサンダルやウエスタンブーツなども見られてバラエティー豊かだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。