ファッション

ウィズコロナ初のリアルでのファッション・ウイーク来場者は何着てる? コペンハーゲンではマスクよりもビーサンが人気

 2021年春夏シーズンのコペンハーゲン・ファッション・ウイークが8月10〜12日に開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中のファッション・ウイークがリアルでの開催を断念していた中、コペンハーゲンはデジタル、ハイブリッド、フィジカルという3つの手法で実施された。参加したのは北欧のブランドが中心で、ショー会場を訪れる来場者数は例年の半分以下ではあったものの、リアルでは久しぶりのファッションイベントということもあり、短い夏空とともに楽しむ人々で、街は活気に溢れていた。

 ショー会場では収容数を100人に制限し、来場者にはマスク着用が推奨された。しかし強い日差しの影響か、マスクをファッションアクセサリーとして取り入れる人はほとんどなく、サングラスと帽子の着用者が多かった。サングラスはレトロな雰囲気がトレンドで、帽子はバケットハットが断トツで多かった。バッグは「シャネル(CHANEL)」のチェーンバッグや「ディオール(DIOR)」のサドルバッグ、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のメッシュバッグなどのクラシックなムードを好む傾向が強いようだ。これまでスニーカーが定番だった足元は、ビーチサンダル派が急増してさらに軽快になった。ほかにも「ザ ロウ(THE ROW)」のプラットフォームやヒール付きのミュール、「スイコック(SUICOKE)」のスポーツサンダルやウエスタンブーツなども見られてバラエティー豊かだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら