ファッション

パリコレ恒例“ギャルソン・デー”でスナップ 「ノワール」と「ギャルソン」で衣装チェンジする達人も

 パリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)期間中の土曜日は、コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)社が擁するブランドがコレクションを発表する。朝に「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」、昼には「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA以下、ノワール)」、夕方には「コム デ ギャルソン以下、ギャルソン」がショーを披露するこの土曜日のことを“ギャルソン・デー”と呼ぶ関係者もいる。

 これまでオフスケジュールで発表していた「ノワール」も今季からパリコレの公式スケジュールに参加し、ブランドへの期待が高まった今回、「WWDジャパン」は「ノワール」と「ギャルソン」の2ブランドのショー会場で来場者スナップを行った。これまで通り2ブランドの会場にはコム デ ギャルソン社のブランドをミックスした“ギャルソン愛”あふれる個性的な来場者が集まったが、注目すべきは一部の来場者が2ブランドのショーの間で衣装チェンジをしていることだ。

 ギャルソンのフロントローに欠かせない存在の秋元梢は、「ノワール」のショー会場では同ブランドのラッフルドレスで登場したが、「ギャルソン」の会場ではショッキングピンクのセットアップドレスで登場した。毎回ギャルソンブランドの会場で個性的なファッションを披露してくれるミシェル・エリー(Michelle Elie)は、「ノワール」では袖にスパンコールが施されたレザージャケットに、骨組み部分だけが残ったようなスカート、真っ黒なテディベアを合わせ、「ギャルソン」ではボリュームのあるシルエットが特徴のコレクションピースを着用していた。

NOIR KEI NINOMIYA

COMME DES GARCONS

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら