ファッション

「コム デ ギャルソン」2020年春夏ショー会場でスナップ “ギャルソン愛”あふれる個性的な老若男女が集結

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は9月28日、2020年春夏コレクションのファッションショーをパリで開催した。この日は朝に「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」、昼にオフスケジュールで「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」、そして夕方に今回スナップを行った「コム デ ギャルソン」がショーを開催したこともあり、多くの来場者がこの3ブランドのいずれかのアイテムを取り入れたスタイリングだった。

 コンセプチュアルゆえ、着こなす難易度が高いアイテムも少なくない「コム デ ギャルソン」だが、ショーの来場者はそんな個性的な服に負けないキャラが立った人が多いのが大きな特徴だ。老若男女、人種、文化に関係なく「コム デ ギャルソン」の各ブランドを愛している人たちであるのも来場者の共通項だ。彼らはコム デ ギャルソン社のブランドをいくつかミックスしたり、少し前のシーズンと新しいシーズンのアイテムをミックスしていたが、これも長年「コム デ ギャルソン」のブランドを追っているからこそできる着こなしだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら