ファッション

「コム デ ギャルソン」2020年春夏ショー会場でスナップ “ギャルソン愛”あふれる個性的な老若男女が集結

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は9月28日、2020年春夏コレクションのファッションショーをパリで開催した。この日は朝に「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」、昼にオフスケジュールで「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」、そして夕方に今回スナップを行った「コム デ ギャルソン」がショーを開催したこともあり、多くの来場者がこの3ブランドのいずれかのアイテムを取り入れたスタイリングだった。

 コンセプチュアルゆえ、着こなす難易度が高いアイテムも少なくない「コム デ ギャルソン」だが、ショーの来場者はそんな個性的な服に負けないキャラが立った人が多いのが大きな特徴だ。老若男女、人種、文化に関係なく「コム デ ギャルソン」の各ブランドを愛している人たちであるのも来場者の共通項だ。彼らはコム デ ギャルソン社のブランドをいくつかミックスしたり、少し前のシーズンと新しいシーズンのアイテムをミックスしていたが、これも長年「コム デ ギャルソン」のブランドを追っているからこそできる着こなしだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら