ファッション

「コム デ ギャルソン」2019-20年秋冬のショー会場 同社のブランドミックスでコーディネート

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」2019-20年秋冬のショー会場には、世界中のバイヤーやジャーナリスト、スタイリストなどの業界人が集まる。他のブランドのデザイナーも多く、会場内は立ち見席が満員になるほど出席率が高い。

 19年春夏を着用している来場者は大きな結び目のあるテーラードジャケットの下に、バラやブランド名のロゴが入ったセカンドスキンを合わせてコーディネートしている。オンシーズンのアイテムだけでなく、ブランドのお気に入りのシーズンのウエアを身につけている人がほとんどだった。コム デ ギャルソン社の「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」と「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」のショーが同日に開催されたため、これらのブランドをミックスして着こなしている者もいた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら