ニュース

「ルイ・ヴィトン」親会社会長の長男がテレビ出演 コレクションの意義やコロナ禍による挙式延期を語る

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)のアントワン・アルノー(Antoine Arnault)=ヘッド・オブ・コミュニケーション&イメージは、フランスのテレビ番組「コティディアン(Quotidien)」に出演し、ポストコロナ世界におけるファッションショーの意義や好きなブランド、自身の結婚式など幅広い話題について語った。同氏はベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者(CEO)の長男で、同社が擁するベルルッティ(BERLUTI)のCEOも務めている。

 新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)は6月23〜28日に開催予定だった2021年春夏シーズンのパリ・メンズ・ファッション・ウイークと、7月5〜9日に開催予定だった20-21年秋冬パリ・オートクチュール・ファッション・ウイークを、それぞれ7月9〜13日と7月6〜8日にオンラインで開催することを発表している。

 これに関連して、9月のパリ・ファッション・ウイークの開催について質問された同氏は、「あまり楽観視はしていない。その後のコレクションについては、私たちではなく科学者や医師の判断によるだろう」と慎重な姿勢を見せた。

 一方で、「安全に集まることが可能になった場合は開催すべきだと思う。ファッション・ウイークは経済的な影響がとても大きなイベントで、バイヤーが来場できないのはブランド側にとって非常に残念なことだ。またパリやニューヨーク、東京などの開催都市にとっても大きな収入源となっているので、『ショーなんて古くさいことはもうやめよう』と一蹴すべきではない。(デジタルと)バランスよく共存する道を注意深く検討していくべきだと思う」との見解を示した。またプレ・コレクションについては、「これまで世界中のエキゾチックなロケーションで大々的に行われてきたが、そうしたファッションシステムは終わりを迎えるだろう」と予想した。

 「ルイ・ヴィトン」や「ディオール(DIOR)」などを擁するLVMHの20年1〜3月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比15.4%減の105億9600万ユーロ(約1兆2397億円)だった。これはパンデミックの影響で傘下ブランドの店舗のうち7割近くがおよそ2カ月間にわたって休業していたためだが、明るい兆しが見えてきているという。アルノー=ヘッド・オブ・コミュニケーション&イメージは、「ラグジュアリー業界全般については分からないが、当社ではアジアを中心に業績が回復してきている。フランスでも外出規制が緩和された5月11日以降の売り上げは好調で、心強く思っている」と述べた。

 同氏はプライバシーを大切にすることで知られており、自ら私的な話題に触れることはあまりないが、今回のテレビ出演では10年来のパートナーであるモデルのナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)との結婚式が新型コロナウイルスの影響で延期になったことを明かした。「6月に挙式の予定だったが、“仮面舞踏会”のようになるよりは来年に延期しようということになった」と話し、フランスで外出時のマスク着用が義務付けられたことを軽く皮肉った。

 マスクの話では、「最近はファッションアイテムとなってきている。当社が擁するブランドではまだ出していないが、そのうち発売するかもしれない」と発言。なおLVMHは中国から1000万枚以上のマスクを調達してフランス政府に提供しているほか、殺菌ジェルを生産して医療機関に無償で提供している。また「ルイ・ヴィトン」も、マスクや医療従事者向けの防護服の生産などを行っている。

 「あなたにとってのスタイルアイコンは?」という問いに、同氏はイタリアの高級カシミヤブランド「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」を率いていた故セルジオ・ロロ・ピアーナ(Sergio Loro Piana)氏の名前を挙げた。同ブランドは13年にLVMHの傘下となっており、アルノー=ヘッド・オブ・コミュニケーション&イメージが会長を務めている。

 「LVMH傘下ではないラグジュアリーブランドではどこが好き?」という質問に対しては、ファッション関連ではなくイタリアの高級ボートメーカー「リーバ(RIVA)」と答えてうまくかわした。しかしファッションブランドではどうかと司会者に迫られ、同氏は「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」を挙げた。ヴァージルは「ルイ・ヴィトン」のメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めている。

最新号紹介