ファッション

「ベルルッティ」が新モチーフを発表 「グローブ・トロッター」とのコラボでお披露目

 「ベルルッティ(BERLUTI)」は新モチーフをあしらった「グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)」とのコラボレーションアイテムを発表した。

 新モチーフは、1985年の創業年に靴の木型に彫られた「ベルルッティ」のシグネチャーモチーフである “スクリット”のシーリングスタンプの部分を抜き出して再解釈した。クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)=クリエイティブ・ディレクターは、「パッと見たときに、クラシカルな印象、アーカイブから見つけたような印象を与えたかった」と説明する。

 新モチーフをあしらった「グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)」とのコラボアイテムは、26インチのトロリーケースからメッセンジャーバッグまで8型を展開する。価格は1900~4600ユーロ(約23万1800~56万1200円)で、4月15日から順次店頭に並ぶ。それに先駆けて「ベルルッティ」2020-21年秋冬コレクションのショーに合わせた1月17日から公式ECサイトで同モチーフを採用したポーチ(600ユーロ(約7万3200円))を販売する。ポーチ以外のアクセサリーも4~6月頃に店舗で取り扱うという。

 「ベルルッティ」を擁するLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、ラゲージブランド「リモワ(RIMOWA)」を傘下に持つ。「リモワ」ではなく「グローブ・トロッター」との協業にゴーサインを出したアントワン・アルノー(Antoine Arnault)=ベルルッティ最高経営責任者(CEO)は、「私は『リモワ』が大好きだし、よく使っている。弟(でリモワCEOのアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)は、素晴らしい手腕を見せていると思う。しかし、LVMHの傘下ブランドだという理由だけで、そのブランドだけと付き合う必要はないと考えている」と説明する。

 アルノーCEOによると、「ベルルッティ」の売り上げ構成比は靴が50%以上、レザーグッズが約3分の1、その他がウエアだという。「レザーグッズは収益性が高いため、継続して2ケタ増を維持したい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。