ビジネス

「ベルルッティ」がクリス・ヴァン・アッシュ起用を正式発表

 「ベルルッティ(BERLUTI)」は、ハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)の後任となる新クリエイティブ・ディレクターにクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)が就任することを正式に発表した。クリスは2019年1月、2019-20年秋冬コレクションを発表する。

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「ベルルッティ」でビジネスの陣頭指揮を執るアントワン・アルノー(Antoine Arnault)最高経営責任者(CEO)はクリスの就任について、「何年も『ディオール オム(DIOR HOMME)』での仕事を素晴らしいと思ってきた。一緒に働くことができてうれしい」とのコメントを発表。一方のクリスは、「メゾンに根付く美意識と伝統、それに僕自身のモダンなビジョンを融合したい。アントワンCEOの大いなる野望を聞き、僕自身の夢も叶う素晴らしい挑戦ができると感じた」としている。

 2015年に自身のブランドを終了して以来、クリスは「ディオール オム」でストリートマインドをそれまで以上にプラス。一方でクチュールメゾンである「ディオール」に敬意を表し、そこにクラフツマンシップも盛り込んできた。また経営陣とともにアジアを中心とするグローバル戦略に挑戦。エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)を筆頭にボーイ・ジョージ(Boy George)やデイヴ・ガーン(Dave Gahan)ら、音楽にまつわるさまざまなアイコンを起用するなどして、メゾンの知名度をさらに広げようと試みてきた。こうした背景が「ベルルッティ」移籍の大きな理由になったようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。