ビジネス

「ディオール オム」のデザイナーが交代  クリス・ヴァン・アッシュからキム・ジョーンズへ

 クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)が11年に渡りクリエイションを手掛けた「ディオール オム(DIOR HOMME)」を去る。後任は、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON以下、LV)」を離れたばかりのキム・ジョーンズ(Kim Jones)が務める。彼は4月1日付けで「ディオール オム」のトップに就く。

 業界筋によると、キムによる最初の「ディオール オム」コレクションは、6月に発表する2019年春夏になる模様。キムは、「LV」時代に仕事を共にした、ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=クリスチャン ディオール クチュール新会長兼最高経営責任者と、再びクリエイション&ビジネスのタッグを組むことになる。

 声明でクリスは、「チームのメンバー、そしてアトリエの職人に感謝している。彼らの力がなければ、僕のコレクションは世に送り出すことができなかった」とコメント。LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)はクリスについて、グループ内でしかるべきポジションを用意しているという。そのポジションが何かについては、現段階では明らかになっていない。

 一方、キムの後任となる「LV」メンズのトップについては、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)や「ランバン(LANVIN)」のルカ・オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)の名前が挙がっているほか、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)がメンズもウィメンズも担うのでは、との憶測もある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。