ファッション

エディ・スリマンが「セリーヌ」へ! メンズとオートクチュールの始動も発表

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)が「セリーヌ(CELINE)」のアーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターに2月1日に就任する。12月に退任が発表されたフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)=クリエイティブ・ディレクターの後任として、ウィメンズウエアの他、メンズのウエア、オートクチュール、フレグランスを統括することになる。彼の最初の仕事は、9月の2019年春夏パリ・ファッション・ウイークでお披露目となる。

 エディは2000年から07年まで「ディオール オム(DIOR HOMME)」でカリスマ的才能を発揮し、13年プレ・スプリングから16-17年秋冬まで「サンローラン(SAINT LAURENT)」のクリエイティブ・ディレクターを務め、ブランドを再生させた。退任後は写真家として活動していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら