ファッション

エディ・スリマンが「セリーヌ」へ! メンズとオートクチュールの始動も発表

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)が「セリーヌ(CELINE)」のアーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターに2月1日に就任する。12月に退任が発表されたフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)=クリエイティブ・ディレクターの後任として、ウィメンズウエアの他、メンズのウエア、オートクチュール、フレグランスを統括することになる。彼の最初の仕事は、9月の2019年春夏パリ・ファッション・ウイークでお披露目となる。

 エディは2000年から07年まで「ディオール オム(DIOR HOMME)」でカリスマ的才能を発揮し、13年プレ・スプリングから16-17年秋冬まで「サンローラン(SAINT LAURENT)」のクリエイティブ・ディレクターを務め、ブランドを再生させた。退任後は写真家として活動していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら