ファッション

「ディオール」が初のアイウエア専門店をパリにオープン

 「ディオール(DIOR)」は初のアイウエア専門店をパリのモンテーニュ通りにオープンした。「ディオール」の旗艦店の隣に位置するコンパクトな店内は、太陽のモチーフをベースにした明るくモダンな空間に仕上がっている。「ディオール」と「ディオール オム(DIOR HOMME)」のアイウエアにはコスメや、メガネを保管するレザーポーチやロゴ入りのトランクをそろえる。経験豊富なメガネ技師チームが顧客一人一人に合わせて視力検査をし、ぴったりのレンズを見つけてくれるという。店舗限定アイテムや、過去のアーカイブからビンテージのアイウエアも用意する。

 「ディオール」と「ディオール オム」のアイウエア事業は、伊の大手アイウエア企業サフィロ(SAFILO)が手掛けているが、2020年12月31日に契約終了予定だ。「ディオール」と「ディオール オム」のファッションやビューティ事業を手掛けるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)は傘下ブランドのアイウエア事業を直轄すべく、伊大手アイウエアメーカーのマルコリン(MARCOLIN)と合弁会社ティリオス(THELIOS)を17年に設立している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら