ビジネス

LVMHグループと大手アイウエア企業の合弁会社の社名とCEO決定

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)とイタリアの大手アイウエアメーカーのマルコリン(MARCOLIN)による合弁会社の社名がティリオス(THELIOS)に決定した。また、同社のCEOにはマルコリンのジョバンニ・ゾッパス(Giovanni Zoppas)最高経営責任者(CEO)が就任する。

 ゾッパスCEOはマルコリンCEOを退任し、ライセンス事業、海外事業、人事、法務などを統括する副会長に就任し、マルコリンの新CEOにはマッシモ・レノン(Massimo Renon)=現ワールドワイド コマーシャル ジェネラル マネジャーが就任する。

 セリオスは2018年1月から事業を開始し、LVMH傘下、「セリーヌ(CELINE)」のアイウエア事業を手掛けることが決まっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら