ファッション

LVMHがマルコリンと合弁会社を設立

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON/以下、LVMH)はアイウエア大手のマルコリン(MARCOLIN)と合弁会社を設立する。出資比率はLVMHが51%、マルコリンが49%。また、LVMHはマルコリンの株式10%を取得する。2018年からマルコリンはLVMH傘下の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「セリーヌ(CELINE)」のアイウエアを手掛ける。

 アイウエア業界は近年、大手メーカーを筆頭に変革期を迎えている。その発端は、14年にケリング(KERING)が自社でアイウエアを手掛けることを発表し、ケリング アイウェア(KERING EYEWEAR)を設立したことだ。これを受け、サフィロ(SAFILO)はケリング傘下の「グッチ(GUCCI)」との契約を満了より2年早い16年12月に終了。「グッチ」が売り上げ全体の約15%を占めていた同社にとっては大きな痛手になり、ブランドポートフォリオの戦略を練り直した。その一環として、「エリー サーブ クチュール(ELIE SAAB COUTURE)」とオリジナルブランド「オキシド(OXYDO)」の超高級アイウエアのデザインと生産を手掛けるアトリエ部門を設立した。また、「プラダ」や「シャネル」とライセンス契約を結び、傘下に「レイバン(RAY-BAN)」や「オークリー(OAKLEY)」を持つルックスオティカ(LUXOTTICA)は1月に仏レンズメーカーのエシロール(ESSILOR)と460億ユーロ(約5兆6120億円)の合併契約に合意した。

【関連記事】
■ルックスオティカがエシロールと5兆円で合併
■ユニクロと島精機が合弁設立、小売りと繊維機械の世界最強タッグがアパレル産業を変える!?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら