ファッション

LVMHがマルコリンと合弁会社を設立

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON/以下、LVMH)はアイウエア大手のマルコリン(MARCOLIN)と合弁会社を設立する。出資比率はLVMHが51%、マルコリンが49%。また、LVMHはマルコリンの株式10%を取得する。2018年からマルコリンはLVMH傘下の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「セリーヌ(CELINE)」のアイウエアを手掛ける。

 アイウエア業界は近年、大手メーカーを筆頭に変革期を迎えている。その発端は、14年にケリング(KERING)が自社でアイウエアを手掛けることを発表し、ケリング アイウェア(KERING EYEWEAR)を設立したことだ。これを受け、サフィロ(SAFILO)はケリング傘下の「グッチ(GUCCI)」との契約を満了より2年早い16年12月に終了。「グッチ」が売り上げ全体の約15%を占めていた同社にとっては大きな痛手になり、ブランドポートフォリオの戦略を練り直した。その一環として、「エリー サーブ クチュール(ELIE SAAB COUTURE)」とオリジナルブランド「オキシド(OXYDO)」の超高級アイウエアのデザインと生産を手掛けるアトリエ部門を設立した。また、「プラダ」や「シャネル」とライセンス契約を結び、傘下に「レイバン(RAY-BAN)」や「オークリー(OAKLEY)」を持つルックスオティカ(LUXOTTICA)は1月に仏レンズメーカーのエシロール(ESSILOR)と460億ユーロ(約5兆6120億円)の合併契約に合意した。

【関連記事】
■ルックスオティカがエシロールと5兆円で合併
■ユニクロと島精機が合弁設立、小売りと繊維機械の世界最強タッグがアパレル産業を変える!?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。