ビジネス

アバクロが2年ぶりにCEOを起用

 アバクロンビー&フィッチ(ABERCROMBIE & FITCH)は、フラン・ホロヴィッツ(Fran Horowitz)前社長兼チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーを最高経営責任者(CEO)に起用した。彼女は2014年12月に退任したマイケル・ジェフリーズ(Michael Jeffries)前CEOの後任だ。同社は約2年間、CEOがいないままだった。

 ホロヴィッツ新CEOはブルーミングデールズ(BLOOMINGDALE'S)やバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)、サックス・フィフス・アベニュー(SAX FIFTH AVENUE)、エクスプレス(EXPRESS)で経験を積んだ。「アン テイラー ロフト(ANN TAYLOR LOFT)」のブランドプレジデントを経て14年10月に「ホリスター(HOLLISTER)」のブランドプレジデントとしてアバクロンビー&フィッチに入社。15年12月に同社の社長兼チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーに就任した。

【関連記事】
■アバクロ8〜10月期の純利益は80%減 リブランディングに苦戦
■「アバクロ」が“性的アピール”を売りにしない広告発表、ブランドイメージ刷新へ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら