ビジネス

アバクロが2年ぶりにCEOを起用

 アバクロンビー&フィッチ(ABERCROMBIE & FITCH)は、フラン・ホロヴィッツ(Fran Horowitz)前社長兼チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーを最高経営責任者(CEO)に起用した。彼女は2014年12月に退任したマイケル・ジェフリーズ(Michael Jeffries)前CEOの後任だ。同社は約2年間、CEOがいないままだった。

 ホロヴィッツ新CEOはブルーミングデールズ(BLOOMINGDALE'S)やバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)、サックス・フィフス・アベニュー(SAX FIFTH AVENUE)、エクスプレス(EXPRESS)で経験を積んだ。「アン テイラー ロフト(ANN TAYLOR LOFT)」のブランドプレジデントを経て14年10月に「ホリスター(HOLLISTER)」のブランドプレジデントとしてアバクロンビー&フィッチに入社。15年12月に同社の社長兼チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーに就任した。

【関連記事】
■アバクロ8〜10月期の純利益は80%減 リブランディングに苦戦
■「アバクロ」が“性的アピール”を売りにしない広告発表、ブランドイメージ刷新へ

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら