ファッション

韓国アウトドアウエア大手が「シセ」の松井征心を起用

 韓国アウトドアウエアメーカー大手のコーロンスポーツ(KOLON SPORT)は2017年春夏シーズン、「シセ(SISE)」の松井征心デザイナーを起用した新ブランド「コーロンスポーツ セイシン(KOLON SPORT SEISHIN)」をスタートする。2月2日、韓国・ソウルの展示会で初披露した。

 コレクションは、ゴアテックスなどの機能素材を採用したメンズ10型とウィメンズ10型の20型。安藤忠雄のモノトーンと自然の緑が融合する建築から着想した。価格帯はシャツで8万〜13万ウォン(約7200〜1万1700円)、ジャケットが10万〜30万5000ウォン(約9000〜2万7450円)、パンツが7万〜15万ウォン(約6300〜1万3500円)、ワンピースが11万ウォン(約9900円)など。コーロンスポーツは現在韓国に約270店舗、中国に約200店舗を構えるが、松井デザイナーによる「コーロンスポーツ セイシン」はそのうちの約60店舗とオンラインストアで販売される。日本での取り扱いは未定だ。

 松井デザイナーは取り組みのきっかけについて「韓国人俳優で友人のカン・ドンウォン(Gang Dong-won)がコーロンスポーツの広告モデルに決まった際に、デザインを手掛けてほしいと声をかけてくれた。昨年6月ごろから話が進み、多い時は週1で韓国に飛びミーティングを重ねた。同社はハイテクな素材に強く、その知識を学びながら、『シセ』らしいシルエットを加えた。次の秋冬ではコーロンスポーツが最も得意とするダウンを使った商品を見せたい」と話す。

 ジョン・ヘンア=コーロンスポーツ常務は「コーロンスポーツは韓国では伝統的な登山ウエアとして知られてきたが、顧客がブランドとともに成長し、若返りが必要だった。そのため、数年前からフランスのプロダクトデザイナーとコラボレーションするなどさまざまな施策を行ってきた。今回、松井さんを起用したことで、彼らしいモダンなエッセンスをブランドに加えて、新たな価値を吹き込んでもらえた。今後も“都会でも雪山でも活躍するアウトドアウエア”を提案したい」と語る。

※本文中のレート 1ウォン=0.09円

【関連記事】
■「シセ」がウィメンズブランド「シセセイシン」をスタート
■ウールマーク賞のファイナリストに「シセ」が選出 世界の若手デザイナーの登竜門に挑む

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。