サステナビリティ
特集 パタゴニアのビジネスに見る新しい資本主義 第5回 / 全9回

パタゴニアが50年先につなげたい製品 アーカイブのアップデート法

有料会員限定記事

パタゴニアが50年先につなげたい製品 アーカイブのアップデート法

自社のアイコンアイテムをどうアップデートしていくかはブランドにとって命題の1つ。「パタゴニア(PATAGONIA)」は50周年を記念した「ナチュラル・アイコン」でアイコニックなスタイルを天然素材を用いて作り替えることを大きなテーマに掲げた。目的はマイクロプラスチックを減らすこと、そして自然界とのつながりを想起させること。日常からアウトドアまで幅広いシーンに向けた製品だ。スポーツウエアの製品開発担当のマーク・リトル(Marc Little)にコレクションのポイントと特に思い入れのある製品について聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月23日号からの抜粋です)

マーク・リト/メンズ・ライフ・アウトドア グローバル・プロダクト・ライン・ディレクター

マーク・リトル/メンズ・ライフ・アウトドア グローバル・プロダクト・ライン・ディレクター プロフィール

オハイオ州立大学でフランス文学とコミュニケーションの学士号を取得。「アバクロンビー&フィッチ(ABERCROMBIE & FITCH)」などさまざまなアパレルメーカーを経て2012年1月パタゴニアに入社。メンズ・スポーツウエアとサーフ・アパレルの製品ライン・マネージャーを務め、15年3月から現職 PHOTO : SHUHEI SHINE

COMMENT
私たちは50年の学びを生かすことができる岐路に立っていると考える。これからの50年、何を持っていき、何を置いていくのか。どんな素材を使い何を広げていきたいのかーマイクロプラスチックを減らし、自然界とのつながりを思い出させてくれる天然素材を使っていきたい。

50年前、「パタゴニア」はウールのセーターと毛皮からインスピレーションを得て、合成繊維の「フリース」を開発した。しかし今日、私たちはプラスチックが至る所にあることに疑問を持っている。われわれはリサイクル合成繊維が必要かつ有用な時、どう使用できるのか?私たちは「均衡の中の繁栄」(Thrive in Balance)をもくろんでいる。合成繊維は機能面で大切なので使用する場合は、廃棄物を再加工したものを使っている。そして、農業を変革する環境再生型有機農法を支援することが未来にポジティブな影響をもたらすとも考えた。合成繊維の代わりとなる機能性を持たせた天然素材の活用もポイントになっている。どんな方にでも着てもらえるようにジェンダーインクルーシブで作っており、「LESS IS MORE(より少ないことで多くのことをしよう)」にもつながっている。

ワックスド・コットン・ジャケット

この続きを読むには…
残り1671⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。