ビジネス

ハイダー「ベルルッティ」退任で後任はクリス? 続くLVMHメンズのシャッフル

 ハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)が、わずか3シーズンで「ベルルッティ(BERLUTI)」のクリエイティブ・ディレクターを退任することが明らかになった。後任には、「ディオール オム(DIOR HOMME)」のアーティスティック・ディレクターだったクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)の名前が浮上している。

 アントワン・アルノー(Antoine Arnault)=ベルルッティ最高経営責任者は、「ハイダーはコレクションを進化させてくれた。功績に感謝したい。素材使い、色使い、そしてユニークなランウエイの全ては、メゾンの本質とリンクしていた」とのコメントを発表した。一方のハイダーは、「卓越したノウハウを持つメゾンにクリエイティビティを注ぎ込めたことを誇りに思う」と話している。

 関係者によると、ハイダーは「ベルルッティ」のコアビジネスで売り上げの70%を占めるアクセサリーの知識が欠けており、これが退任の一因だったのではベルルッティないかとしている。とはいえビジネスは堅調で、業界筋はブランドの売り上げを1億9000万ユーロ(約245億円)程度と予想している。

 「ベルルッティ」は後任をまもなく発表するようだ。「ベルルッティ」も同じ傘下のLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)は、「セリーヌ(CELINE)」にエディ・スリマン(Hedi Slimane)、「ディオール オム(DIOR HOMME)」にキム・ジョーンズ(Kim Jones)、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズにヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)を起用したばかり。LVMHは「ディオール オム」を退任したクリスが、「グループの要職に就く」としていたが、具体的なポジションについてはコメントしていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。